寂聴 残された日々

瀬戸内 寂聴 著 

ISBN:9784022517258
定価:1430円(税込)
発売日:2020年11月6日
四六変判上製   200ページ 

 

「私の晩年を何よりよく識っているのは、この連載エッセイらしい」──瀬戸内寂聴

「私の忘れてしまったことも、この連載エッセイの中には、すべて記録されている。言葉を変えれば、私の九十過ぎての遺言になっているのかもしれない」

──災厄の記憶、文人たちの思い出から、若い世代へのエール、コロナ禍での新たな生活まで、まもなく百歳を迎える著者が、いよいよ託す人生の記録。

 目次

 女流作家の訪れ 
 続・女流作家の訪れ 
 防空壕
 もう一人の男 
 春画展に行こう 
 高橋源一郎とSEALDs
 罰か慈悲か
 幻人横尾忠則さんの幻画展 
 明日はしれない今日の命を 
 老いていく被災者たちは 
 これからの乙武さん 
 若草プロジェクト立ち上げ
 明日
 善い、悪いの命 
 平和だからこそ阿波踊り 
 この世の地獄 
 バカは私 
 買えなかったランドセル 
 あの夜
 作家の日記
 流れる時
 百まで生きてやろうか
 天台寺晋山30周年記念
 幸せは自分で探す
 ほおずき市から 
 最晩年の虹の輝き
 山尾さん、孤独の出発に自信を
 稲垣足穂の机
 生きてやろう
 2冊の書物の誕生について 
 朝日賞受賞騒ぎ 
 みんな先に逝く
 寂庵の墓 
 花祭り
 天才の秘書 
 大才を支えた大器
 終の棲家
 遺言
 二百十日に始まる
 老いのケジメ
 法臘四十五
 この世の命 
 「この道」と白秋の三人の妻
 二月の鬱
 まだ生きている 
 ショーケンとの再会 
 御大典 
 女流作家の夫たち
 ふるさとの夕暮れ
 暑い夏 
 怖れるもの
 長生きの余徳
 二つの誕生日に
 中村哲さんの死
 思いだす人々
 きさらぎは凶
 角田源氏誕生
 コロナ禍のさなか
 白寿の春に
 横田滋さんを悼む
 書き通した「百年」

寂聴 残された日々

¥1,430価格
お支払い方法
ASA得マガジン(プレゼント情報)の配信
  • ==変更・キャンセル==
    お気軽にご相談ください。

     

    ==返品==
    返品については、原則お受け致しかねます。
    あらかじめご了承ください。
    商品の性質上返品は不可、製品には万全を期しておりますが、万一不良品・誤送品の場合はこの限りではありません。

     

    配送は日本国内のみとなります。

ASA得マガジン
asajiyugaoka