布のちから

江戸から現在へ

田中 優子 著 

ISBN:9784022620064
定価:891円(税込)
発売日:2020年4月7日
A6判並製   328ページ 

 

手作りの布の持つちからとは何か?
アジア文化の中で、手作りの布はどのように作られ、流通し、愛されてきたのか?

喜多川歌麿が春画で描いた腰巻きや下帯、新撰組の衣装、ガンディーのまとった手織布、バリの儀礼用絣グリンシン、日本の着物の生命樹柄……。江戸から現在へ――布が結んだ人々の暮らしと心と歴史を、人気江戸学者である法政大学総長が縦横無尽に論じる快著。館山唐桟、こぎん、芭蕉布などの職人を訪ねたテキスタイル紀行も収録。カラー口絵8頁。
2011年、公益信託長銀国際ライブラリー基金の対象著作に選定され、2013年に“The Power of the Weave: The Hidden Meanings of Cloth”のタイトルで英訳出版された。

<目次より>
Ⅰ 布をまとう
メディアとしての布
布が意味するもの
  子宮
  手――インドの場合
  「手」仕事の光と影
  皮膚と布 皮膚その1
  襞 皮膚その2
  ドレイプリー 皮膚その3
  生命樹の布に見る背骨――時間と自然
  運命を織る
  包む
  断片
  袋
  巻く
  結ぶ、解く
  帯
  襤褸

Ⅱ 織るということ
日本の織物紀行
  館山唐桟――東南アジアから来た織物
  久米島紬――琉球絣の今
  芭蕉布――織り込まれた沖縄近代史
  花織――ブータンにつながる織物手法
  こぎん――津軽の農村刺しゅうは江戸から現在

布のちから

¥891価格
お支払い方法
ASA得マガジン(プレゼント情報)の配信
  • 【変更・キャンセル・返品ポリシー】

    ==変更・キャンセル==
    お気軽にご相談ください。

    ==返品==
    返品については、原則お受け致しかねます。
    あらかじめご了承ください。
    商品の性質上返品は不可、製品には万全を期しておりますが、万一不良品・誤送品の場合はこの限りではありません。

    配送は日本国内のみとなります。

  • 【商品の配送について】

    配送は日本国内のみとなります。

    ==発売中の商品==
    ご注文日から2~3日でポストまでお届け致します。
    関東エリア以外へのお届けはご注文から7日前後となります。

    ==発売前の商品==
    発売日以降にお届けいたします。
    通常、発売日前日または翌日のお届けとなりますが、ご注文のタイミングで送れる場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • 【お支払について】

    ==お支払い方法==
    クレジットカード・デビットカード
    オフライン決済(代引き)
    *代金引換の手数料はいただきません。

    ==代引き可能エリア(重要)==
    お届け住所が下記エリアの場合、どなたでも代引きでご注文いただけます。
    なお、代金引換の手数料はいただきません。
    お届け住所が下記エリア以外の場合は、ASAスタッフがお伺いできないため「クレジットカード決済」のみご利用いただけます。なお、代引き可能エリア以外へお届けの場合で、代引きを選択してご購読いただいた場合は、ご注文をキャンセルさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

    ●目黒区(自由が丘・緑が丘・中根・平町・八雲・柿の木坂・東が丘・大岡山・南)
    ●大田区(北千束)
    ●世田谷区(奥沢)

    ==ASA自由が丘から新聞をご購読中の方==
    代金は新聞代金と一緒にお支払いいただくことも可能です。
    ご希望の場合はカートへ入れる前のお支払い方法では「新聞代金と一括」を、購入確認時のお支払い方法では「オフライン決済」をご選択ください。

    ご不明点はお気軽にお問い合わせください。
    magazine@asa-jiyugaoka.com(ASA自由が丘 9時~20時)

ASA得マガジン
asajiyugaoka
  • ASA自由が丘のツイッター
  • ASA自由が丘のフェイスブック
  • ASA自由が丘のインスタグラム
  • ASA自由が丘のYouTube