戦場で書く

火野葦平のふたつの戦場

渡辺 考 著 

ISBN:9784022620187 
定価:1078円(税込)
発売日:2020年6月5日 
A6判並製   424ページ 

 

国民的作家から、戦犯へ。激しい非難の中で、なぜ彼は書き続けたのか。中国戦線の戦場で芥川賞を受賞し、戦闘ばかりではない戦場での兵士の日常を描いた『麦と兵隊』で国民的作家となった火野葦平。敗戦後、彼を待っていたのは、「戦後日本社会」という二つ目の戦場だった。戦争に狂奔した人々が、敗戦を境に一変し、平和を祈りアメリカを礼賛し、自分を非難する。そんな中で、火野は書き続けることを選び、そして――。表現者と戦争・国家・社会を見つめなおす渾身のノンフィクション。

目次
プロローグ ふたつの戦場
第一章 戦争作家、誕生
第二章 日中メディア戦争
第三章 ペン部隊、戦場をめぐる
第四章「大東亜」のなかで
第五章 行き着いた疑問
第六章 第二の戦場
エピローグ ふたつの言葉

戦場で書く

¥1,078価格
お支払い方法
ASA得マガジン(プレゼント情報)の配信
  • ==変更・キャンセル==
    お気軽にご相談ください。

     

    ==返品==
    返品については、原則お受け致しかねます。
    あらかじめご了承ください。
    商品の性質上返品は不可、製品には万全を期しておりますが、万一不良品・誤送品の場合はこの限りではありません。

     

    配送は日本国内のみとなります。

  • ASA自由が丘のツイッター
  • ASA自由が丘のフェイスブック
  • ASA自由が丘のインスタグラム
  • ASA自由が丘のYouTube