関ヶ原大乱、本当の勝者

日本史史料研究会 監修 / 白峰 旬 編著 

ISBN:9784022950802
定価:1001円(税込) 
発売日:2020年6月12日
新書判並製   336ページ  新書769  

 

家康の「小山評定」、小早川秀秋への「問鉄砲」、三成と吉継の友情物語はすべて作り話!?
一次史料を駆使し、従来の“関ヶ原”史観を根底から覆す衝撃の書!
東西両軍の主要武将を網羅した初の列伝。

「関ヶ原」には、よく知られたエピソードが多い。
だが、それらを一次史料で丹念に検証していくと、歴史的事実とは言えないことがあると、次々とわかってきた。
どこまでが「事実」で、どこまでが「フィクション」か?

・豊臣七将による三成襲撃事件も一次史料にはなし。
・「小山評定」における福島正則の大演説は作り話。
・石田三成と大谷吉継の“涙あふれる友情物語”は根拠がない。
・“お飾り”の西軍総大将ではなかった毛利輝元の野心家ぶり。
・小早川秀秋への“問鉄砲”は完全なるフィクション。
・前田利長は戦後に大老の地位を失った隠れた“敗者”。
・9月15日以降も上杉vs.伊達&最上の“東北の関ヶ原”が続いていた。

【本書で扱う武将たち】
徳川家康
上杉景勝
伊達政宗
最上義光
毛利輝元
石田三成
宇喜多秀家
大谷吉継
前田利長
長宗我部盛親
鍋島直茂
黒田長政
小早川秀秋
福島正則

関ヶ原大乱、本当の勝者

¥1,001価格
お支払い方法
ASA得マガジン(プレゼント情報)の配信
  • ==変更・キャンセル==
    お気軽にご相談ください。

     

    ==返品==
    返品については、原則お受け致しかねます。
    あらかじめご了承ください。
    商品の性質上返品は不可、製品には万全を期しておりますが、万一不良品・誤送品の場合はこの限りではありません。

     

    配送は日本国内のみとなります。

  • ASA自由が丘のツイッター
  • ASA自由が丘のフェイスブック
  • ASA自由が丘のインスタグラム
  • ASA自由が丘のYouTube