陰謀の日本近現代史

保阪 正康 著 

ISBN:9784022951090
定価:979円(税込)
発売日:2021年1月13日
新書判並製   304ページ  新書800 

 

いつの世も、知恵と知恵の戦いが歴史をつくる。
時にそれを「陰謀」という。
よく知られた史実も、
本来は何者かの陰謀の産物かもしれない――。

必敗の対米開戦を決定づけた「空白の一日」、ルーズベルトが日本に仕掛けた「罠」、西郷隆盛が見誤った「会津の恨み」、「天皇がいて、いなかった」大正の特異な5年間、大杉栄虐殺の真犯人、特攻攻撃の本当の責任者、瀬島龍三が握りつぶした極秘電報の中身……。

歴史は陰謀に満ち満ちている。そして真相は、常に闇に閉ざされる。
近現代史研究の第一人者が、その闇に光を当てる。

あの戦争を中心に、明治以降の重大事件の裏面と人物の命運を史料と肉声で検証。「真実」を明らかにする!

〈目次〉
第1部  陰謀の近現代史
 第1章 仕組まれた日米開戦
 第2章 事件の伏線、人物の命運
第2部  歴史から問われる、大局観
 第3章 戦争に凝縮された日本的特質
 第4章 歴史の闇を照射する記録と証言 

陰謀の日本近現代史

¥979価格
お支払い方法
ASA得マガジン(プレゼント情報)の配信
  • ==変更・キャンセル==
    お気軽にご相談ください。

     

    ==返品==
    返品については、原則お受け致しかねます。
    あらかじめご了承ください。
    商品の性質上返品は不可、製品には万全を期しておりますが、万一不良品・誤送品の場合はこの限りではありません。

     

    配送は日本国内のみとなります。

ASA得マガジン
asajiyugaoka